Title

2020年 SNS利用状況調査結果

近年では非常に多くの企業がSNSを活用し、商品やブランドの情報の発信を行い、ブランド力向上に繋げています。SNSを活用したマーケティング成功に導くには、各SNSの特徴や傾向を深く分析し、適切なタッチポイントを設計するスキルが必要不可欠です。
VENECTでは、生活者にブランド価値を届けることができるコミュニケーションを設計するため、重要なタッチポイントの一つであるSNS利用状況の自主調査を行っています。今回2020年版のSNS利用状況についてまとめましたので、ユーザー数や、利用目的の変化について一部データを公開します。
※調査対象チャネルは、LINE、YouTube、Twitter、Facebook、Instagram

公開データ1.主要SNSユーザー数(国内) 2.各SNSのユーザー満足度 3. 1日あたりの平均利用時間 4.各SNSの利用目的 5.情報検索方法の変化 6.SNSと購買活動の関連性

01

主要SNSユーザー数(国内)

2019年時点でのユーザー数の推移(2019年時点)
・LINE:8,200万
・Twitter:4,500万 ※2017年以降更新なし
・Instagram:3,300万
・Facebook:2,600万
・TikTok:950万

02

SNS利用満足度

各SNSに対して満足しているかどうかをアンケートを取ったところ、すべてのSNS70%の人が満足していると回答。その中でもYoutubeは、91.1%と一番高い満足度を獲得しています。

03

1日あたりの利用平均時間

Youtubeは「30分未満」と答えた人が32.4%。「60分未満」と回答した人が30%であり他のSNSと比較すると平均利用時間が長いことが分かりました。

04

各SNSの利用目的

【LINE】「近況報告」と「メッセージやコメントをすること」を目的にLINEを活用している人が多いことが分かります。

【Instagram】有名人の投稿を閲覧することを目的としている人が51.5%と半数を越えています。次いで、「友人や知人、家族の投稿を閲覧し、近況を知る」が36.2% 、「興味がある分野の情報収集」が32.6% とInstagramでも情報収集目的で活用する人が多いことが分かりました。

【Facebook】「リアルの友達とつながる目的」が21%、「連絡手段目的」が16%、「趣味に関する情報収集手段」が13%と、情報収集の側面で活用している人も多いことが分かりました。

【Youtube】男女ともに10代の閲覧利用が60%弱と一番多く、10代~30代男性の15%は投稿利用でも活用していることが分かります。

05

情報検索方法

利用目的でもあったように、従来は検索と言えば、GoogleやYahoo!を使って検索することが主流でしたが、現在ではそれら2つの検索サービスに加えSNSで検索する人が急増しています。
SNS検索の特徴として、以下2点があります
①トレンド情報収集に向いている
②情報が短いので記憶に残りやすい

各SNSでの検索方法としては、Youtubeはフリーワードで検索している人が多く、LINE/Facebookは家族や友人の投稿、メッセージを閲覧して情報収集する割合が高いという結果になっています。

06

SNSと購買活動の関連性

Youtubeを視聴している20代女性のうち89.8%、30代女性は68%が商品購入前にYoutubeの動画を参考にしたことがあると回答しています。

実際に購入した人の割合になると、男女共に20~30代の購入経験が80%以上と非常に高い割合となっています。

07

最後に・・

データから読み取れるように、SNSの利用状況はユーザー数だけではなく使用目的も変化しています。現在では情報収集ツールとしても活用され、購買活動にも大きな影響を与える存在となっています。
VENECTでは、各ブランドのターゲットやポジションを踏まえ、SNSを含むコミュニケーション全体の設計から、ブランド成長につながるマーケティング活動全体のご支援をしております。各SNSに関する詳細データや、コミュニケーション方法についての情報をお求めの方は以下よりお問い合わせください。