Title

商社で身につけたビジネス全体を俯瞰して見る力を活かし、
ブランド成長につながる支援を

商社にてエネルギープラントと自動車の部品を扱う部署にて経験を積んだ高橋氏は、さらにクライアントや生活者に近い立場で仕事をすることで、社会貢献につなげていきたいと考えVENECTに入社してきました。 転職を決意したときに高橋氏が抱えていた課題や、今後どのような人材になりたいか話を聞きました。

高橋 みれい / プロデューサー

鉄鋼商社にて経験を積み、2022年にVENECT入社。 入社後は、プロデューサーとして、家電メーカーの年間マーケティング支援に携わる。商社で身につけたビジネス全体を俯瞰的に見て、コントロールする力を活かし活躍している。

01

商社で経験をしてきた、ビジネス工程をコントロールする力

私は、新卒で鉄鋼製品を扱っている商社に入社しました。業務では、国内メーカーと海外のクライアントの架け橋として、受注活動、受注後の予算やスケジュール、商品仕様、出荷までの調整、在庫管理などを担当していました。
仕入れから販売までには、想像よりもはるかに多くの工程があり、その一つひとつをコントロールしていく大変さを身を持って経験しましたね。ステークホルダーが多い分、「自分の業務で間違った判断をしてしまうと、ビジネスが止まってしまう・・。」といった責任感を持ちながら仕事をする日々でした。

02

「私の仕事は社会貢献につながっている?」と
疑問を持ち始めた2年目・・

商社での仕事は、勉強の日々で刺激的でしたし、プロジェクトが成功したときの達成感を味わうことができる環境でした。 しかし、私の中で「今よりもクライアントや生活者に近い立場で仕事をして、自分の仕事が社会貢献につながっている実感を得たい」という気持ちが強くなっていきました。
またクライアントとより近い距離でプロジェクトを進行することで、本質的な課題の導き出しをしていきたいと考えていました。
そこで転職することを決め、商社での経験を活かしながら、クライアントのビジネス成長に結びつく仕事に就くことを目的に企業を探していきました。

03

VENECTに入社を決めた理由

VENECTに入社を決めた最大の理由は、「生活者軸で戦略を考えることができる会社」という点です。私たちは、クライアントの先にいる生活者のニーズやウォンツを導き出し、それらに対して適切なコミュニケーションを設計していきます。
面接時に、事例を含めて戦略立案の方法を聞くことができたため、VENECTでなら私がやりたかったことができると確信しました。
また会社説明や面接の中で一貫して言われていたのが、「手法はなんでもいい。まずはクライアントが抱えている課題を導き出し、そこに対して一番最適な方法を考えていく」ということ。この2つのことは、私が商社時代に課題と感じていた部分でしたので、VENECTで働きたいという気持ちが強くなりました!

04

入社してすぐに提案活動に携わる
前職とはまた違う刺激的な日々

私は、現在2つのプロジェクトを担当しています。
1つは家電メーカーの年間支援です。この案件には、入社して2ヶ月目から提案創りに携わりました。ブランドへのロイヤリティを向上させるため、現状の課題は何か、その課題に対して投資対効果高く目的を達成するために最適な施策は何か? を何度もディスカッションしました。
VENECTでは、メンバーのバックグラウンドが様々であることから、多角的に意見を出すこと、また自分にはなかった視点をインプットすることができます。相手の意見を尊重する社風も根付いているので、入社間もない私もこれまでの経験や、自分で調査した内容から見えてきたことを積極的に共有することができました。
提案活動や、クライアントとの打ち合わせをするたびに思うことは、クライアントが求めていることは何かを本気で考えなければいけないということです。クライアントがどのフェーズにいるか、その先にいる生活者の状況も考えていきたいです。

05

この先どんな人材になりたいか

私は、「マーケティング支援をしたい」という思いだけでVENECTに入社したわけではありません。ここでならクライアントのビジネス全体を成長につなげることができると確信したから入社を決めました。そのため、マーケティングだけの枠にとらわれず、課題に対してビジネス成長につながることをクライアントと密にコミュニケーションをとりながら考えていける人材になりたいです。
商社で身につけた、ビジネス全体を俯瞰的に見る力も活かして、私たちの立場だから見えるブランドの課題を見つけ出し、解決していきたいと思っています。